Sellim Slive Elementz CD & LP Release Party
(2017.10.02)

1J3A3010.jpg
[LIVE] Selim Slive Elementz
平戸 祐介 (quasimode) Keyboards, Musical Director
元晴 Saxophone
栗原 健 (mountain mocha Kilimanjaro) Saxophone
小泉P克人 Electric Bass
コスガ ツヨシ (cro-magnon) Electric Guitar
大竹 重寿 (cro-magnon) Drums
西岡 ヒデロー (Conguero Tres Hoofers) Percussion
小川 隆夫 Electric Guitar, Producer


[DJ]
doc savage他


[Session]
※詳細は追ってお知らせします


[OPEN] 19:00
[CLOSE] 23:00
[CHARGE] 2,500yen(Drink別)

Selim Slive Elementz
2016年6月、マイルス・デイヴィスと交流のあった音楽ジャーナリスト 小川隆夫が、quasimodeのリーダー 平戸祐介と手を組み、マイルス・ミュージックの遺伝子を受け継いだ精鋭プレイヤーたちと結成したスーパー・ジャム・バンド。周到なリハーサルを重ね、同年12月に横浜赤レンガ倉庫にある【Motion Blue yokohama】にて初ライヴを行なう。「2サックス、2ギター、4リズムが織りなす21世紀のエレクトリック・マイルス・サウンド誕生!」として話題を呼び、2017年3月に代官山【晴れたら空に豆まいて】で行われた2度目のライヴも好評を博す。5月18日には同会場にてライヴ・レコーディングを敢行。この模様をライヴレコーディング・アルバムとしてT5Jazz Recordsよりリリースした作品が「Resurrection (復活)」。ソニー・ミュージックスタジオ秘蔵のSonoma systemを用いたPure DSDによる録音は現在考えうる最高のクオリティによる作品に仕上がっている。更にはデビュー間もないにも関わらず、9月には東京ジャズ 2017にも出演。
J-Jazz界の歴史と伝統に新たな一石を投じる、未知なる今後の展開が楽しみなバンドである。
【photo by 高橋慎一】