4年振りの沖野修也(KYOTO JAZZ MASSIVE)ソロ・アルバム『DESTINY』、7/13(水)リリース!
(2011.07.11)

ラグジュアリーなダンス・ミュージックの最高傑作!
4年振りの沖野修也(KYOTO JAZZ MASSIVE)ソロ・アルバム第2弾!!

JK_LL.jpg

『DESTINY』
SHUYA OKINO of KYOTO JAZZ MASSIVE

2011.07.13(Wed) In Store
全11曲収録¥2,300(tax in)
豪華特殊パッケージ仕様
VIA-0088(Village Again/Extra Freedom)

世界で最も美麗なサウンド・アルバムが完成!
"JAZZ MEETS BOOGIE(DISCOのクラブ・シーンでの通称)"をテーマに、カバーとオリジナルを半数づつ収録。
DJの選曲能力を証明するだけでなく、作曲家としても偉人達に挑んだ意欲作!!
既に、世界最高峰のDJの一人、GILLES PETERSONのラジオ番組"WORLD WIDE"にて「STILL IN LOVE」を2010年の年間最優秀曲のNO.2に選出され話題騒然!)
KYOTO JAZZ MASSIVE FAMILYの最高傑作の誕生!!

〜10人のボーカリストと10人のプロデューサーをゲストに迎え、メールのやり取りだけで創りあげられた前作『UNITED LEGENDS』から早4年。
2枚のREMIX ALBUMを挟んで遂に待望の2ndアルバムが完成した。
ジャズの知性とブギーの快楽を融合した唯一無二のサウンドは、ソウルやファンク、ヒップ・ホップやダンス・クラシックス、果てはテクノにディスコ・ダヴまでを網羅。

何と5人のボーカリストにオリジナルとカバーを1曲づつ歌わせる事によって過去の偉人達と自分の作曲能力をリスナーに比較してもらうという大胆なチャレンジが裏テーマにもなっている。
又、今まで沖野修也がプロデュースして来たROOT SOULこと池田憲一に逆プロデュースされるという新たな試みにもトライしている。
既に世界最高峰のDJ、GILLES PETERSONやDANNY KRIVITらがヘビー・プレイし(UKのレーベルDefectedからシングル・カット予定)、世界的人気を呼んだ「Still In Love」収録!!
UNITED FUTURE ORGANIZATION(1992年)、NUYORICAN SOUL(1996年)に並ぶ、クラブ・ジャズ/クロスオーバー・シーンの歴史的名盤が誕生!

【参加アーティスト】
N'Dea Davenport(The Brand New Heavies)/Navasha Daya(Fertile Ground)/Diviniti/Pirahnahead/
Clara Hill/Pete Simpson/元晴(SOIL&”PIMP”SESSIONS)/中村雅人(MASA SEXTET/SLEEP WALKER/菱山正太

[収録曲]
01.Still In Love feat.Navasha Daya
02.Sun Will Rise(Boogie Mix) feat.Diviniti
03.Look Ahead(Shuya Okino Re-Edit) feat.N'Dea Davenport
04.Destiny feat.N'Dea Davenport
05.Love And Live ft.Navasha Daya
06.Deep Into Sunshine feat.N'Dea Davenport
07.Take A Look At Yourself feat.Diviniti
08.Just Do it
09.Give Your Love A Chance
10.Let Nothing Change you feat.Pete Simpson
11.Holding You,Loving You feat.Pete Simpson

Amazon
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0051WAVL0/extrafreedom-22/ref=nosim/

SHUYA OKINO myspace
http://www.myspace.com/shuyaokino
☆こちらから全曲試聴できます。




沖野修也オフィシャル・ブログにて、
リリースまで、カウントダウン・ブログ更新中!
http://ameblo.jp/shuya-okino/