RESONA〜Tokyo Midtown〜 MUSIC FOR DESIGN BANK
compiled by SHUYA OKINO / V.A.
(2007.08.08)

resona_s[3].jpg




「DJが銀行の音楽をやるなんてニューヨークやロンドンでも聞いたことない。」
                                                                       DJ 沖野修也


“今、世界で一番オシャレな音楽はホテルではなく銀行のラウンジにあります。”話題のニュースポット「TOKYO MIDTOWN」内にある“りそな銀行”は、既成概念に縛られない「全く」新しいスタイルの店舗。話題のデザイナー森田恭通氏が手掛けた内装に加え、何と!沖野修也が音楽プロデュースで空間演出!日常の生活の中にふと現れる、最上のラウンジー・スペース…そんな「斬新な空間」のかっこ良さ&心地良さを、1枚のdiscに濃縮して発売。まさに既成概念を打ち破る07年最新型のラウンジ・アルバム。




RESONA 〜 Tokyo Midtown 〜 MUSIC FOR DESIGN BANK compiled by SHUYA OKINO / V.A.
2007.8.8 Release
RBCS-2230 / ?2625 (tax in)


〜TRACK LIST〜
01. SUNRAYS / THE OTHER PEOPLE PLACE
02. CLOSER TO YOU / JIMPSTER -
03. NOT JUST ANYBODY ( AT JAZZ REMIX ) / RAE & CHRISTIAN
04. YOUR GALAXY / PECKAM ROYALTY
05. GONE / SWELL SESSION
06. THINKING OF YOU / BUGZ IN THE ATTIC
07. MESSAGES / THE RURALS
08. SO SIMPLE / ISOUL 8
09. PIECES OF YOU / SHUYA OKINO
10. ENDLESSLY / CLARA HILL



〜楽曲解説〜

<Track 1. SUNRAYS/THE OTHER PEOPLE PLACE>
*環境音楽としても成立するヴォーカル・トラックは、実はテクノ/エレクトロニカの中に存在していたりする。WARP音源で見つけたミニマル・チューンは、幻想的にして近未来的な一曲。導入部にふさわしい静けさと透明感に満ちあふれている。


<Track 2. CLOSER TO YOU/JIMPSTER>
*今やUKのディープ・テック・ハウスの第一人者となったJIMPSTERのアルバム『DOMESTIC SCIENCE』から。中古市場でも2万円以上の値を付ける名盤の中でも、最も美しく流麗なエレクトリック・フュージョンとして人気の高かった「CLOSER TOYOU」を収録。


<Track 3. NOT JUST ANYBODY(AT JAZZ REMX)/RAE&CHRISTIAN>
*ブレイク・ビーツ・ユニット、RAE&CHRISTIANの楽曲をUKフューチャー・ジャズの雄、AT JAZZがREMIX。叙情的なヴォーカルをクールに響かせたダウン・テンポ・ファンクに仕上がっている。プログラムされた音楽特有の快感原則に貫かれたビートが心地良い。


<Track 4. YOUR GALAXY/PECKAM ROYALTY>
*フランソワ・Kが主催するレーベル、WAVEからリリースされた知る人ぞ知る名曲。跳ねたリズムと浮遊感漂うキーボードのミス・マッチが実にユニーク。タイトル通りのギャラクシーでコズミックなトラックにミステリアスなヴォーカルが絡む様は圧巻。


<Track 5. GONE/SWELL SESSION>
*スウェーデンの若き才人、ANDREAS SAAGのユニット‘SWELL SESSION’が12インチのB面にのみ残した隠れた傑作。KOOPやSLEEP WALKERへの客演で知られるYUKIMI NAGANOがボーカリストとしてフィーチャーされている。華麗にして感動的な近未来ボーカル・ジャズ。


<Track 6. THINKING OF YOU/BUGZ IN THE ATTIC>
*ブロークン・ビーツを代表する音楽集団BUGZ IN THE ATTICの初期作品は、スタイリッシュでスペーシーなソウルフル・ファンク。変則ビートの上で舞うように歌うのは大ヒット曲「TRANSCEND ME」でもお馴染みのMELISSA BROWNE。7年前の作品と思えない‘新しさ’が魅力。


<Track 7. MESSAGES/THE RURALS>
*その独特なクールネスによって、ディープ・ハウスの中でもリスニング・ミュージックとして高く評価されているTH RURALS。斬新なプロダクションを基調にしながらも、ソウル・ミュージックの影響を色濃く感じさせるセクシーなヴォーカルの起用が秀逸。


<Track 8. SO SIMPLE/ISOUL 8 >
*イタリアのブロークン・ビーツ/ディープ・ハウス系クリエーター、VOLCOVの別名儀ISOUL 8。OSUNLADEやVALERIE ETIENNEと共にゲストに迎えられたRASIYAHは、DJKAWASAKIのアルバムにも収録された注目株。ささやくようなヴォーカルは、シルキーにしてラグジュアリー。


<Track 9. PIECES OF YOU/SHUYA OKINO>
*世界から10人のトップ・ヴォーカリストと10人のトップ・クリエーターを招集して作られたアルバム『UNITED LEGENDS』収録曲。ボーカルは前出のYUKIMI NAGANO、トラック・プロデュースは4ヒーローのDEGOという豪華な組み合わせ。世界初、3拍子のブロークン・ビーツ!


<Track 10. ENDLESSLY/CLARA HILL>
*アルバムの最後を飾るのは、ベルリン在住JAZZANOVA一派の美人ヴォーカリスト、CLARA HILLの楽曲。ラストにふさわしいバラード風のフューチャリスティックなヴォーカル・ジャズ。繊細で透き通るような歌声が、聴く者の心を優しく捉えて、離さない。